FC2ブログ

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
「ぼくたちは移行期の地球をサポートするために生まれてきた」(彩雲出版)の著者

神奈川在住 二児の母 出産時に幽体離脱体験を経験。目に見えない世界が存在することを受け入れた時から不思議な体験が始まり、目に見えない世界の探求を始める。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ソウルメイトたち

 昔見た夢~(日記より)

 5×3か6×4くらいのマス目の中に人が写っている。ひとマスに一人ずつ。これは私がこのグループで生きてきた過去世からのメンバーたちだった。私は8回このメンバーでお互いいろいろな役をやりながら、ようやく1ランククリアしたのだった。(なぜかそう確信している)
 何人かの顔を見た。でも知らない。(過去世の顔?)と思った。それでも感動のあまり、あとからあとから涙がこぼれた。

 次のレベルでの体験が待っていた。大根畑の大根を抜いていく作業だった。(こんな仕事なの?)と少し戸惑いながらも一本一本大根を抜いていった。たくさんの人たちと一緒だった。ミスをしても決して怒ったりしない穏やかな表情のリーダー的存在の男性が近くに立っている。
 作業が終わり、正面を見ると遠くに富士山のような山が見えた。頂上から白い雲?(噴火?それともただの雲?)リーダーもじっとその様子を見つめている。(何か起きるんだろうか?)と思っている。


 その数か月後の日記より~

 振動、そして見えてきた映像。夢のようでもあり、同時に肉体の感覚もうっすら感じている。
 私のソウルメイトだという人物が3人現れた。そして「彼が究極のソウルメイトだ。お前の9回目の人生で会うことになっている」という男性の声が聞こえた。ハリーポッター役の子に似てると思った。ハンサムでまだ少年のような年頃だ。それでもようやく会えたと思ったら胸がいっぱいになって泣けた。そして「あなただったのね」と言いながら私は彼を抱きしめた。ちょっと寂しげな感じで繊細な性格に見えた。今の自分と重なって余計愛しい気持ちになった。

 目が覚めてすぐに思った。彼はもしかして今は別の現実界で生きているんじゃないだろうか?と。だとしたら、私が何かクリアしたり成長することは彼にいい影響を与えるとか力になるってことかもしれない、と。その逆もあるだろうし。

 どこかに自分の片割れのような存在がいて、距離とか関係なくお互いが影響を与えあっているとしたら、、、そしていつかそれぞれの体験はもう充分という段階になったら私たちはひとつになって新たな冒険の旅に進む、ってことなのかな?

 だといいな (^^) 
 





スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

<< たくさんの私 | ホーム | 地球と日本の未来 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム