プロフィール

ひろ

Author:ひろ
「ぼくたちは移行期の地球をサポートするために生まれてきた」(彩雲出版)の著者

神奈川在住 二児の母 出産時に幽体離脱体験を経験。目に見えない世界が存在することを受け入れた時から不思議な体験が始まり、目に見えない世界の探求を始める。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

夏至の日

CIMG1696.jpg

                       宮ケ瀬の紫陽花


今日は放流のない日だからひっそりしていた

日頃のマイナス感情や思考エネルギーを浄化するには
もってこいの日!

今月に入ってからノートにあれこれ書きためたページを
燃やして浄化してみよう

さて効果のほどは?


























スポンサーサイト

揺れてる!

2日連続で震度5以上の地震
群馬と大阪北部はどちらもまさかと言われる震源地だった

明日何が起こっても悔いのない人生だったと言い切れる
生き方を!と改めて思う

大難を小難に!
小難でも目覚めが加速するならその方がいいに決まってる














テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

ひとりきりの時間


誰よりも自分のことを理解し、無条件の愛をもって共にいて
くれる存在がいる

どこに?

目を閉じて内側に意識を向けてみる

本気で。
真剣に。

いた! ☆彡

IMG_4449.jpg

ひとりになれる時間があることに感謝!


























孤独

IMG_4630.jpg

 新幹線での痛ましい事件
 22歳の若者だったなんて、、、
 犠牲になった男性には心から哀悼の意を捧げます

 たったひとりでいい
「だいじょうぶだよ。生まれてきてくれてありがとね。」
心からそう言ってくれる大人が周りにいたらよかった、、、

孤独は生きる力やバネになることもあれば、絶望のうちに
破壊的なエネルギーを生み出すこともある

そう、わたしたちの内側にはものすごい強力なパワーが
備わっているのだ

海外で起こる若者による銃の乱射事件や今回のような事件、
そして若者の高い自殺率

どうか1日も早く誰もが笑って生きられる世界に移行できますように

































疲れたときは

気づけばもう6月 
大好きな新緑の季節もいつの間にか梅雨入りって、、、

最近久しぶりに自分との対話をノートにとにかく書き出す
ということを始めた

制限された人間意識の自分、そしてそれをいつも見守りサポート
してくれている精妙な領域にいる「わたし」との対話

昔「神との対話」という本が世界中でベストセラーになったっけ。

光の自己とひとつになった体験はもうずいぶん昔のこと
もちろん忘れられない強烈な体験であり、心の支えになり続けては
いるけれど、気がつけば小さくて弱い人間の自分しか感じられなく
なって、この世で生きることの大変さを改めて痛感する毎日に
うんざりしてる自分がいる

誰かとこういう気持ちを分かち合えたらどんなにいいだろうと
思うけれど、なかなか、、、
でも話したい!
で、気がついたらノートに「自分との対話」を書いていた

書き終わってみると1時間2時間があっという間に経っている
そしてびっくりするほど心がスッキリ!
しばらく続けてみよう

「求めよ、さらば与えられん」ということばは誰にでも通用する
本気で自分を癒したいと思う気持ちさえ持つことができれば~

もう今回で最後にすると魂レベルで決めている人はきっと
他の人より大変な思いをするようになってるのかもしれない
だってこの世的な幸せを求めていないから~
みんなが楽しいと思えることにあまり喜びを見いだせないから

でもきっと大丈夫
卒業できると知っててこの世に生まれてきたはずだから~

フレー!フレー! わ・た・し そして み・ん・な




































| ホーム |


 ホーム