FC2ブログ

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
「ぼくたちは移行期の地球をサポートするために生まれてきた」(彩雲出版)の著者

神奈川在住 二児の母 出産時に幽体離脱体験を経験。目に見えない世界が存在することを受け入れた時から不思議な体験が始まり、目に見えない世界の探求を始める。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

夏至

IMG_0409.jpg

 朝から本降りの雨~でもなぜか空が明るく見えた~

 何かすごいエネルギーに満たされそうな予感に促されて

 静かに目を閉じて深い呼吸を繰り返した

 全身に微弱な電流のようなエネルギーが走り始めた

 (久しぶり、、、)

 毎日いろいろな感情の波にさらされ、どこかでそれを楽しんでいる

 自分もいるけれど、もちろん楽しめない感情も相変わらず出てくる

 日々

 「全ては幻~幻想に過ぎない」

 この世の体験や感情はみないつかは消えてしまうもの

 永遠ではない


 毎日唱えている般若心経の世界が私の内側に存在していた

 全てを明け渡す~ゆだねる~

 なんて心地いいエネルギー


 どうかいつでもどこでも好きな時にこのエネルギーと

 簡単につながることができますように!


 そう、本当は誰もがそうできることを私は知っている

 それが最大の恩寵、、、なのかもしれない

                         感謝!合掌!










 
スポンサーサイト

検証

結局おとといはずっと先延ばしにしていたことを実行した

結果は~「もっと早くてもよかったんだ。ありがとう」

そう思えるものだった

今思えば、たまたまつけた瞬間に見てしまった占い結果は

たぶんあの時の私の不安や迷いのエネルギーを可視化した

ものだったのかもしれない

もしおととい「あ、これは今はやめときなさい」ってことなんだ、と

また先延ばしにしていたら~

ありがとうと思えた喜びを体験することはできなかったかも

しれない


その時自分がどんな解釈をするか、私たちはいつも個の自分を

試している





今朝の夢

久しぶりに富士山に登ろうとしている夢を見た

ただその富士山は夢でしか見たことのない富士

夢でしか行ったことのない街や景色がいくつかある

目が覚めていつも「どこだっけ?」と見覚えがあるその場所の

記憶を辿る~そして「あ、夢でしか行ったことがないんだ」

と気づく

あの富士山も久しぶりだった

でも、、、私は脱いだ靴を置いた棚を探していた、、、

靴を探す夢~ネットで夢占いを見たらあまりよくない


富士山の夢は吉夢とされてるけど、夢の中では結局

雪がまだ多くて危ないから今日はやめようと決断した

夢だった~ 

今日やろうとしてたことはやめたほうがいいということなのかな?

しかもちょうどテレビをつけたら「今日の占い」で私の星座はナント

12番目だった!いつもは占いコーナーになるとチャンネルを換えて

見ないことにしているのに~笑

問 「それでもやりますか?」

私 「、、、はい」

むしろこういう状況で実行したらどうなるのか興味が湧いてきた~











美しい星

50年以上前にこんな本を書いていた人がいたなんて~

びっくりした。しかも著者はあの有名な三島由紀夫

あの時代にUFOとか宇宙人とか嘲笑の対象になるような情報を信じ、

小説まで書いていたなんて~

信じてた?たぶん、、、

三島さんが訴えたかったことは今回の映画にどれくらい反映されてる

んだろう?

「美しい星」を見ながら私はずっとそんなことを考えていた


世界はまだ核のボタンで吹っ飛んではいないけれど、自然の猛威に

さらされて、いつ何が起こるか誰にもわからない危うい状況は続いてる


地球が穏やかなプロセスで変容を遂げるのはもう無理かもしれない

でも、、、それでもいつかきっと、、、

地球が宇宙の仲間入りを果たす日は来る

そんな夢見たいな話を私はやっぱり信じている














| ホーム |


 ホーム